トルコ共和国・イスタンブール在住。トルコ国籍の夫と4匹のトルコ猫と暮らしています。住み始めて数年…それでも毎日、面白おかしなことのある国トルコです。
by istanbulcafe
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ライブドア版へ

現在、諸事情により2ブログを管理することが困難な為、ライブドア版のみ更新させていただいております。ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。

よろしければ、ライブドア版の 【イスタンブール@トルコフォトダイアリー】 までお越し頂けましたら幸いです。


イスタンブール@トルコフォトダイアリー (ライブドア版
[PR]
# by istanbulcafe | 2006-11-13 23:36 | お知らせ

肉まん 豚まん

■人気ブログランキング

全国的には肉まんかもしれませんが、
でも大阪・神戸の関西圏では、【豚まん】と言うのご存知です?
小さいときは、お土産で買ってきてくれる豚まんが楽しみだったんですよね~♪

それかどうしても無性に食べたくなって、、、
日本にいれば、コンビニにでも走れば良いわけだけど、ここでは当然売っておらず。

久々に作ってみました♪



夜中に何してるんだ?って感じですが、どうしても、なんでか?無性に食べたくなったのです。そんな時ありますよね?

ここに映ってるのは一部で、実は23個も出来ちゃって^_^;;
といってもそんなに大きくはないですよ。



コンビニのも手軽で好きですが、できれば中華屋さんの本格豚まんがいいです。
自分で言うのもなんですが、ムチッっとそしてふわっとした出来上がりで満足!



ただ、中は豚肉ではなく牛肉...
これは仕方ないよね。豚ミンチなんて手に入らないし。
羊肉で作ったらもっとオイリーでアジアンぽかったのかもしれないけど、遊牧民の肉饅頭って感じで。
干し椎茸とネギをたっぷり入れました。
美味しさの秘訣は、肉は半分椎茸とかと炒めて味をつけてから、残りのお肉(生)をしっかり混ぜること。
それを生地に包んで2時発酵させてから、蒸器で15分ほど蒸したら出来上がり。
家庭でも簡単に出来ます。

今は簡易の蒸器というか、ステンレスっぽいお皿状になる穴の開いたヤツを鍋に敷いて使ってますが(こんな説明ではわかりませんよね?)、本当の蒸器だったらもっと美味しいのだろうか…?近所の雑貨屋さんで蒸篭(セイロ)が売ってるので惹かれますが、ちょっとお高いのでいつも眺めては、置き場に困るじゃない!と叱咤して諦めています。

珍しく主人も気に入ってくれて、2日で23個の豚まんはなくなったので、セイロを買う口実が出来たかも?と狙っているのでした。


メルハバ♪
この肉まん、たまたま来たトルコ人のおばさんは、チーズと間違えておりましたが(真っ白なこういう茶巾絞りのチーズありますから)、作り方を話したらとっても興味を持った模様。
でも、やっぱりトルコ人…

「具には、トマトや青唐辛子も入れたら美味しいと思うわ~!」

ですって…^_^;;ご遠慮します。



↓ご参考までに作り方をご紹介しますね♪

■肉まん作り方■

材料

薄力粉…200g
強力粉…100g
(私はトルコで売っているパン用の小麦粉を300gで作ってます。)
ドライイースト…小さじ1と2/1
砂糖…大さじ1
サラダ油…小さじ2
牛乳…120ml
水…60ml

肉まんの具

豚挽き肉…150g
(私は牛肉使用。脂分の多い物の方が美味しいです。)
たけのこ水煮…70g
(今回はなかったので使っていません。)
干ししいたけ…3個
ねぎ…1/4本
オイスターソース…小さじ1
サラダ油 しょうゆ 酒(ないので使わず) こしょう 砂糖 塩 ごま油
各適量

・私はベーカリーを使って生地を用意しましたが、手で捏ねる場合は、牛乳と水は人肌程度に温めて混ぜると生地の発酵が良いです。
・とにかくよく捏ねて、生地に艶が出るまで頑張って捏ねてください。
・暖かい所において発酵させます。2倍に膨らむまで発酵させます。人差し指で突いてみて、穴がそれ程縮まなければOK。

・具は、ひき肉の半分をサラダ油を引いたフライパンで炒め、色が変ったら、戻した干ししいたけとタケノコを入れ、オイスターソースとしょうゆ、酒、こしょうなどで味付けします。
・皿に広げて冷まします。
・冷めたら、残りのひき肉としいたけの戻し汁(これポイント!)大さじ2、しょうゆ大さじ1程度(加減しながら)、酒、砂糖、塩、こしょうを加え粘り気が出るまで捏ねます。
・最後にネギを加え、ごま油を大さじ1加えて具の出来上がり。

・生地を丸く伸ばして、具を丸めて包むように口を閉じます。
・肉まんのサイズにカットしたオーブンペーパーか、なければアルミホイルの上に乗せて暖かい所で2時発酵させます。生地が倍位に膨らんだら、蒸器に入れて15分で、出来上がり。

※二時発酵させるので、そんなに生地は大きくしなくても良いです。膨らみます。
※この材料で、手の平サイズの肉まんが10個位は出来るはずです。もしくなもう少し…。


*…人気ブログランキング…*
ヨーロッパカテゴリーに参加中…ポチッとクリックしてくださると嬉しいです。

[PR]
# by istanbulcafe | 2005-10-31 03:42 | 料理

ギュベッチノフトゥ

■人気ブログランキング



これギュベッチと言います。
昔、リヤカーで売ってるおじさんから買ったんです。
いくらだったかな?数百円だったと思いますが、忘れてしまいました。

直火は出来ないけど、時々使いたくなるんなります。なんだか、こんなので料理したら気分だけでも美味しそうな気がするんですよね。



羊肉やお野菜をたっぶり入れて、食べるのも美味しいですが、うちはそれほど肉を食べてくれないので、今回はお豆。
ひよこ豆(ノフトゥ)の煮込みを作ってみました。
以前、TVでこうした素焼きのもっと背の高い壷に同じように材料を入れて、庭のタンドゥル=地面に掘ったかまどに入れているのを見ました。タンドゥルノフトゥ。
良いなぁ…かまどのある生活。凄く憧れるのですが、そういう実生活を知ってる人は、やったことないからよ~!と言います。…そうかも。
でも、憧れるんですよね、ああいう生活。

玉ねぎ・トマト・青唐辛子・茹でたひよこ豆を混ぜて、オリーブオイルにちょっとパプリカ(粉末)、水をほんの少し、塩で味付けてオーブンへ。2時間くらいじっくり煮込めば…



出来上がり!



もちろん、お肉を入れても美味しいです。
野菜から水分が出るのと、じっくり煮込まれるのでほくほくしてて美味しいです。
タジンみたいな感じでしょうか?あれも水分殆ど入れないものね。

田舎の方へ行けば、まだこういうギュベッチが大活躍しています。
スローフードって良いですよね。


*…人気ブログランキング…*
ヨーロッパカテゴリーに参加中…ポチッとクリックしてくださると嬉しいです。

[PR]
# by istanbulcafe | 2005-10-29 03:19 | 料理

もうすぐバイラム

■人気ブログランキング

久々のブログで失礼します。

今週はパシュミナの販売もあったので、メールや発送などてんてこ舞いでした。毎年沢山の方にお買い上げ頂き、ありがたい限りです。何百という数になりますし、ちょっと一人で発送業務など行うには限りがあるので、次回入荷までは少しお時間を頂きます。
11月末にはまたご紹介できるよう、頑張りますね^-^

あっという間に一週間経ってしまってて、その間にもトルコでは色々ニュースがありました。最近のニュースは、養護施設での虐待問題…。
どこの国でも残念ながらこうした問題はありますが、子供を大事にするトルコで起こったことで、皆とても心を痛めています。虐待していた女性達は捕まりましたが、まだまだ各地でありそうな感じ…。

もうすぐラマザンバイラム(断食際)だし、あの子達も良いバイラムをおくれると良いのですが。

我が家は毎年、こういうお祭りには参加せず、たいしてお客様も来ないので、のんびりひっそり過ごすのですが、一つだけ行うのが、どこかへ寄付することです。
といっても大きな額ではないのですが、街中で物乞いをしている人にはあまりおこないませんが、こういう基金を通して渡しています。
http://ramazan.denizfeneri.org.tr/
たまたま知人がここで働いていたので、活動内容などを詳しく聞くことができ、今年はこちらへお送りしました。

どうして、街中で物乞いをする人にはあげないか…
これは個人の考えだから正しいとは言えませんが、、、
本当に貧しいのか?、中には仕事のように行っている人もいますし、正直判断が難しいのです。あげれば役には立つのでしょうが、その場しのぎか、アル中の父親の酒代にに消えたり…。
子供でも物乞いをしていますが、大抵側に親が隠れています。小さい子に行わせて、自分はお金を集めています。
それも生きる手段だから、悪いとは言いませんが、出来ることなら本当に貧しく困っている家族や子供達に渡して欲しいので、私達はこういう基金を通します。

お送りさせていただいたお金は、間接的ではありますがイスタンブルカフェのお客様から頂いたものでもあります。当サイトをご贔屓にしてくださる皆様がいなければ、私もこうしてお金をお送りすることは出来ません。この場を借りて皆様にお礼を申し上げます。




*…人気ブログランキング…*
ヨーロッパカテゴリーに参加中…ポチッとクリックしてくださると嬉しいです。

[PR]
# by istanbulcafe | 2005-10-29 02:05 | 日々徒然

とっても良かった!! 二度と行きたくない!!

■人気ブログランキング

トルコをご旅行した方の感想は、この二つに分かれるのだそうな。

「とっても良かった!また行きたい!」

「2度と行きたくない!」

と、はっきりした結果が多いとか。
まあ、わからなくもないかな・・・。

2度と行きたいくない!という方は、きっと観光地でいやな目に会ったのだと思う。
煩い客引きにあったとか、騙されたとか、高額な買い物をさせられたとか。
かくいう私も、はじめて来たときは、タクシーでぼったくられ、絨毯屋に追い掛け回され、安物のブレスレットを高く掴まされ、セクハラまがいのオヤジにあい、町を歩けば、10メートル単位で誰かが日本語で話しかけてくる胡散草さにうんざりしていた。
出来るだけ、声をかけられても無視できるように、聞いてもいないのにへッドフォンをつけていたほどだ。
観光地に長くいれば、確かにうんざりするかもしれない。目先のお金や欲に目がくらんで、失礼なことをするトルコ人もいる。
だから、2度と行きたくない!という方の気持ちもわかる。

数日の旅行では、観光地の表面的な部分しか見えないかもしれない。
私も、こんな風に旅を終わっていれば、きっと2度と行きたくない派になっていたのだろう。しかし、今は住んでしまっている。
人生って不思議。


前回の記事で、トルコ人の過保護を酷評したけど、私はトルコ人が嫌いではない。腹の立つことも、馬鹿だなぁ…って思うことも多いけど、ここの人は可笑しくて憎めない。一言で言えば人間味があるから。


悪い所ばかりではない。
ちょっと良いことも書こうと思います。

More・・・続きを読む
[PR]
# by istanbulcafe | 2005-10-22 23:24 | 日々徒然

模様替え

■人気ブログランキング

ちょこっとイスタンブルカフェトップページ、模様替えをしました。

おかげで今日は目が痛い…。

ちょっとは、探しやすくなっていると良いのですが、もしかしたら、少し重くなってるかも。表示に時間がかかるようでしたら、また考えます。
ご意見頂ければ幸いです。

あんまり在庫もないので、みやすくなっても売り切ればっかりで、申し訳ないのですが…。キリムとかも、ぼちぼち補充していきます。

UPする商品は一杯あるのですが、どうにも時間が足らず…。毎日朝から晩まで働いているにもかかわらず、何故進まないのだろう…?自分でも不思議です。

それから、11月2日~6日はこちらはラマザンバイラム(祝日)のため、完全休業を頂きます。この為、ラマザンバイラム前の最終発送は、10月28日(金)です。どうぞご注意下さい。

キリム&トルコ雑貨 イスタンブルカフェ


*…人気ブログランキング…*
ヨーロッパカテゴリーに参加中…ポチッとクリックしてくださると嬉しいです。

[PR]
# by istanbulcafe | 2005-10-20 04:07 | イスタンブルカフェ

トルコ的過保護

■人気ブログランキング

トルコ人の愛情は凄い。
子供への溺愛ぶりはすさまじく、傍から見ていてちょっと疑問に思うほどなのです。

日本人なら、躾と甘やかすことは別とわかるでしょうが、ここではごちゃ混ぜの人が多く、時々目が点になります。

特に多いなぁ…と感じるのが、何でも親がやってしまうタイプ。物凄く心配性。
子供のことが大事で愛しくて仕方ないので、なんでも口を出し手を出し、親がやっちゃう。自分で出来る様に教えるとかよりも、やってあげた方が大事な子供のためになる…。

どう見ても、もう歩かせて良いような年頃なのに、いまだ子供をベビーカーに乗せている母親。(ちょっとベビーカーが窮屈そう…)

6歳になる太っちょの子供をいまだに抱っこして連れて歩いている母親。

15歳になる娘にいまだスプーンでスープを食べさせている母親。

20歳の息子の服の着替えを手伝う母親。

雨が降っているから、事故に合わないか心配になって30歳の娘の会社まで迎えに来る母親。(ちなみに普通の降雨量…)


全部知り合いの中にいます。

これらは極端な例ですが、軽い場合でも総体的にこういう人多いです。
全て愛情過多から来る所業。
愛情が無さ過ぎるのも困りものだけど、有りすぎるのも問題。

で、こういう環境で育ってしまうと、やっぱり子供にも少なからず影響があって、自我が持てなかったり、自分に極端に自信が無かったり、いつも生活にフラストレーションを感じるとか。



そして、我が家に電話がかかってくるのです…

続きを読む
[PR]
# by istanbulcafe | 2005-10-16 01:06 | 日々徒然

ベレディエレストラン

■人気ブログランキング



ここには、たまにやって来ます。
ここは、我が家から車で10分くらいの所にある、ベレディエのレストラン。
ベレディエっていうのは、自治体・市とかのことで、ここはそれらが運営しているレストランです。イスタンブルだけでも結構な数あるとおもいますが、ベレディエが運営しているので立地がいいのです。良いとこ取りというかね。
ちなみに軍とかもそうです。軍の保養地とか場所が良いですものね。

観光地だと、スルタンアフメットを下に下ったところにあります。ジャンクルタランの辺り。あそこは昔は空き地で、不法居住者の人達が勝手に家を作って住んでいましたが、取り壊されて整備され、今ではレストランになっています。海沿いのとても景色の良いところです。

ここも、大きな公園の中にあるところで、海も見え景観も良く、夏場は結婚式も行っています。

しかも、一般価格よりお安いので市民の味方です。



やっぱり、チョルバ(スープ)は頼まないとね。
トルコでは、一番初めはチョルバから。
今日もメルジメッキチョルバ(赤レンズマメのスープ)です。
トルコ人にとっては豆腐の味噌汁くらいの位置付けでしょうか。



マンタルギュベッチ。
マッシュルームにたっぷりのチーズをかけてオーブンで焼いたもの。
もっとトマトや玉ねぎが一杯入ってると良かったかも。
まあでも、値段も値段なので贅沢言いません。美味しかったです。



シシケバブ。
羊肉の串焼き。
ちょっと盛り付けスカスカだけど、お肉は柔らかくてなかなか美味しかったです。



ここのスペシャルメニューのケバブ。
色々なケバブ(牛肉・羊肉・鶏肉)が、少しずつ薄いフライドポテトの上に盛り付けられていて、その上からヨーグルトソースをかけたもの。
これは、肉は美味しいのだけど、ヨーグルトのソースだけというのが物足りなかったかも。イスケンデルケバブのようにトマトとパプリカのソースか、バターソースをかけたらもっと美味しくなると思う。…カロリーは増えるけど。



フライドポテトは細めにしてカリカリに揚げています。で、その上にケバブたち。

実は行ったのはラマザン前なので、比較的空いていました。
今行ったらイフタルの時間は座れないでしょうね^_^;;
それに、皆こんな程度の量じゃなくてもっと沢山のイフタルの特別メニューを食べていることでしょう。

ラマザン(断食)と言いながら、皆太ってしまうこの期間…。
いつも何の為のラマザンなのか不思議なのです。


メルハバ♪
明日日曜は久しぶりのお休みなので、のんびりしようと思っています。描き続けてる絵を進める予定なのですが、こういうときに限って必要な絵の具が切れ気味。日曜に買いに行くのは混んでて嫌なんですよね…。
でも、最近はイスタンブルの画材屋さんも昔と比べると、物凄く充実してきているのでありがたい限りです。随分前は、キャンバスを探すだけで一苦労でしたから。新しいキャンバスもそろそろ買っておかなくては。



*…人気ブログランキング…*
ヨーロッパカテゴリーに参加中…ポチッとクリックしてくださると嬉しいです。

[PR]
# by istanbulcafe | 2005-10-15 03:28 | 料理

青い色に惹かれ

■人気ブログランキング


光った物や、色のついたものが好き。
シンプルとは程遠い好みで、どちらかと言うとエキゾティックやオリエンタルな物が好き。

色鉛筆を眺めるのが好きで、海などでたまに見つける磨耗された青いグラスの破片とか集めたり、青いビー玉が好きで赤や黄色はハズレ(私にとっては)、特に青い物が好きな子供でした。

服も青か緑。ピンクや赤は嫌いで、絶対着ませんでした。女の子らしくはなかったですね。
そんな子供時代を過ごし、、、


今も同じ^_^;;
3●歳になりますが、嗜好は一緒なままです。
青っぽいのが好きなんですよね~…



イスタンブルカフェ

こういうのを仕事で作っていますが、製作中が一番楽しいこの頃です。
石はどれも好きだけど、一番好きなのはやっぱりターコイズ(トルコ石)。
ルース屋には、一日いても飽きません。どれも欲しくなって、早めに退散しないとお財布にも悪影響なんですけれどね…
使わない石ばかり溜まるし。。。でも、楽しくって仕方がない。



グラスビーズなども取り扱っているので、卸店にも良く行きますが、キラキラ光るグラスビーズを見るのが本当に幸せ。
一つ一つこれは手作りだから、よけいに味があって好きなんです。アジアのビーズって、不ぞろいだけど、それが味で惹かれます。

三つ子の魂百までって言うけれど、私の場合本当にそう。
数ヶ月に一度、どうしても海に行きたくなります。泳ぐわけではなく、あの色が見たくなります。冬場、憂鬱な気分になるのは、目の前の海や景色がいつもどんよりしているからです。
そんな時は、ターコイズを引っ張り出してきて、青い、特に綺麗な出方をしている石を眺めます。
癒される、これが私の気分転換です。

ちょっと病気かも^_^;;

主人にも不思議がられます。
どうして、こんなに紺碧の色合いに惹かれるんだろうねぇ…って。

私も自分で不思議だけど。

トルコに来なければ、沖縄に移住したかったくらいだし。
定年になったら、青い景色が広がる場所に住むのが私の夢です。(ちょっと無理そうだけど…)


メルハバ♪
今日はイスタンブルは寒いです。半袖半パンで寝たら、足が攣って目が覚めましたY_Yというわけで、今朝はヨガなし。しないと体が気持ち悪いのですが、無理をしないのが長続きの秘訣らしいので、のんびりやっています。
アンネに作ってもらった毛糸の靴下をはいて、温かく過ごします。



*…人気ブログランキング…*
ヨーロッパカテゴリーに参加中…ポチッとクリックしてくださると嬉しいです。

[PR]
# by istanbulcafe | 2005-10-12 17:52 | 日々徒然

出張食い倒れ@ブルサ

■人気ブログランキング



先週出張に行って来たのですが、怒涛の一日でした。
ブルサやその近郊都市など色々周り、さすがに疲労困憊。
殆ど泊まる気でいたのに、どこのホテルも満室。ラマザン中って混むのねぇ…
ブルサは、温泉があるのでも有名で、私もちょっとだけゆっくりできる?なんて期待していましたが、甘かったですT_T
安いホテルは空いていたものの…温泉は………一度見せてもらった事があるのですが、正直汚すぎ…。日本人の許容範囲レベルを大きく超えてるので、温泉に入りたい方は、ある程度のホテルをお奨めしますです。

と言うわけで、日帰りになっちゃったんです。

画像は行きのフェリーの中で食べたボレキ。

皆さんラマザン中で、食べていない中恐縮でしたが、私は朝ごはんもまだでしたので、気にせず頂きました。すみません。



ブルサの中心のチャルシュ(バザール)前です。
小人の家みたいでしょう?
トルコでは、ラマザンになると各地でこういう家というかデコレーションがされて、露天がでるんです。イフタル(ラマザン中の夕食)を売っていたり、おみやげ物をうってたり色々ですが、これが建ち並ぶ頃になると、「あぁ、ラマザンが始まるんだなぁ」って感じます。ちょっとした風物詩のようなものかもね。



イスタンブルでは、スルタンアフメット前が有名です。
用事もないのに、この時期は行きたくなります。そして、そんなトルコ人で毎晩混雑しています。



イフタルになると混雑するので、早めに何か食べてしまおうと、適当なお店へ。
本当はブルサの老舗イスケンデルンケバブ屋に行きたかったのですが、、、
ちょっと距離的に難しく、断念。

外ではなぜかメルジメッキチョルバス(赤レンズマメのスープ)が食べたくなります。私はあまり家では作らないので。



そして、メニューにあると頼まずにはいられないイチリキョフテ。何度もご紹介しているので説明は要らないかと思いますが、これは表面を揚げたもの。
今まで食べた中で一番美味しいかったのは、うちの近所のレストランか、カブルガードルマ店のイチリキョフテ。
▼カブルガードルマスに関しては詳しくはこちらへ※ライブドア版
http://blog.livedoor.jp/istanbulcafe/archives/24790048.html



これは、まあまあ。肉と玉ねぎの具よりは、私はトマトや青唐辛子なども入っている具の方が美味しいと思う。肉とひき肉だけだとなんだかパサパサするので。
私は個人的には、揚げたものより茹でたものの方が好きかなぁ。



ちょっと内陸よりなので、もしかして美味しいかも?と期待を込めて、この日はクイマルピデ。
クイマはひき肉。トルコのひき肉のピザです。

やっぱりイスタンブルよりは美味しい。
ピデが肉厚で具もたっぷり。ピデは中がもちっと柔らかく、外側がカリッとしていて香ばしい。具はかなり大目なので、頬張るとこぼれそうなほど。
生地に、具を乗せて釜で焼き上げたシンプルなピデです。イタリアのピザのようにソースもないし、素材の味がもろに出てくるピデ。その分、良し悪しもはっきりしていると思いますが。



近年食べたクイマルピデの中ではなかなかの高得点でした。

でもやっぱり私はカイセリのピデが一番好き。
特にフルンで焼いてもらうピデが一番。
ケバブ屋で食べるピデではなく、フルン(パン屋)で焼いてもらうピデがなぜか一番好きなのです。イスタンブルではあまりみかけませんが、カイセリや地方では、自分で具を用意してフルンに行くと、パン代だけでピデにして焼いてくれるのです。これがもう美味しいんだよねぇ…。
やっぱり生地の問題かもしれません。

食べきれなかったので、包んでもらって、帰り道に車の中で頂きました。
トルコでは、気軽に残したものも包んでもらえるので気が楽です。


*…人気ブログランキング…*
ヨーロッパカテゴリーに参加中…ポチッとクリックしてくださると嬉しいです。

[PR]
# by istanbulcafe | 2005-10-11 00:49 | 料理